くぬぎのゲームBlog

毎週末なにか更新

GCコントローラの分解とか掃除とか

スマブラシリーズでは最新作でもゲームキューブのコントローラが使えて、コアプレイヤーはほぼ全員それでプレイしています。コントローラとしての完成度高すぎる


f:id:kunugiz:20180519124132j:plain:w400


WiiUスマブラが出た時に再販されたんですけど、それももう生産終了していて新品は1万の値がついている… Switch版スマブラが出たらまた再販されそうですけど。で中古で紫買ったらかなり具合良くて、掃除などしたのでついでに写真撮ったのを上げます。






手順とか細かい写真を知りたい人は検索すると沢山出てきます。分かりやすいページを貼っておく。あと壊れる可能性もなくはないのでやるのは自己責任です。

monono8917.blog.fc2.com




任天堂製品の外側のねじは外すのにY字ドライバーが必要、この赤いやつはAmazonで200円で買えてオススメ。

f:id:kunugiz:20180519124334j:plain:w400



f:id:kunugiz:20180519131241j:plain:w300 f:id:kunugiz:20180519131259j:plain:w300

中に随分ほこりがたまってた



f:id:kunugiz:20180519131359j:plain:w450
水でじゃぶじゃぶ洗って少し石鹸をつける






f:id:kunugiz:20180519131450j:plain:w400


実はコントローラの色によってボタンの明るさも地味に違うんです。左が紫ので右がホワイトの(前ホワイト壊してボタンを取っておいていた)。明るい色の方が好きなので取り替えました。





f:id:kunugiz:20180519131905j:plain:w400
before

f:id:kunugiz:20180519131922j:plain:w400
after


ボタンが白っぽくなっているのがおわかりいただけるだろうか。ちょっと写真だと白すぎるけども。中も掃除出来て満足しました。当面この紫をメインに使っていきます。




開けるのは楽なんですけど、久々なので閉めるのに手間取りました笑。基本的にコントローラの裏面を上側にした方が常に楽ですね。RLボタンと基板のでっばりを合わせるのがめんどい。後ねじは固く締めた方がいいんだけどやりすぎてねじ山を潰さないようにするとかかなあ。自分的コツです。





ちょっと内容が薄いので書いてみるんですけど、GCコンの部品が中国の通販サイトで買えます。アリババっていう所で大手らしいのでまあ安心。スティックラバーも売ってるので今度買ってみようと思ってます。おわりー

ja.aliexpress.com

就職が決まりました

完全なる私情なんですが就職活動を今までしていて、先日決まりました。とても嬉しい… 
一応選考開始は6月なんですけどね。経団連指針など誰も守っていない笑。自分は理系なんですけどそれだと特にそう。広報開始が実質のスタートです。

ゲームは好きなんですけどその前に生きていかないといけないのでね。プロゲーマーはどう考えても実力が足りないので笑。働きながらでもゲームはできますし。そう考えるとプロストリーマーってゲーム好きには最強の職業だなーと思いました。まああれはあれで大変なんでしょうけど。人気ないとだし。
職種なんですが一応ゲームに関係してます。ゲーム機の内部にも使われるものを作る。ソフト系ではないです。



ということで今週の更新を終える。こういう時ぐらいは()

映画リビングザゲーム見ました

プロゲーマーのドキュメンタリー映画を見てきましたー。ももちさんや梅原さんがメイン。


www.youtube.com
ドキュメンタリー映画『リビング ザ ゲーム』公式サイト







f:id:kunugiz:20180506134508j:plain:w400
ここ


渋谷のシアターイメージフォーラムっていう所でしかやってなくて行きました。小さい映画館。3月公開なのでもう終わり際ぽくて、一日のうちで夜の9時からの1回しかなくてわろた。でも人はそこそこいた。受付のお姉さんが美人だった()


EVOJAPANでも宣伝されてて気になってました。あとプロ格闘ゲーマーを尊敬してるのもある。ゲームは違うしプレイした事もないけど、地上戦とか何となくはわかるつもりなので。梅原ふ~どネモももちときどが好きです。コラムも結構読んでます。


f:id:kunugiz:20180506134553j:plain:w400
パンフも買っちゃった


映画の内容はこれからの人が万が一いるとネタバレになるのであれですが、ゲームをする上での葛藤の話でした。ももちさんが色々悩んでいた。あと海外プレイヤーについても。台北行った事あるのでGamerBee好きになった笑。ただ僕は事前知識あったので、ないとどう映るのかはわかりません。
スマ4のZeRoもそうなんだけど厳しい環境で育った人が結構いるんですね。そこからハングリーさが生まれるのかなあとか。






ちょっと腑に落ちなかったのがももちさんが梅原さんをかなり意識してるところですね。ときどさんもそうだけど。別ゲーやってる身からすると全員スタープレイヤーなので自分のプレイを突き詰めればいいんじゃないですかね。完成度の高いプレイは絶対的に素晴らしいので。分かったような口を聞いてしまいすみませんが。


梅原さんのプレイって多分有利な読み合いを常にしようとしてますよね。小さく引いて相手の踏み込みを誘ってカウンターしたり。足?からの波動拳固めみたいな安定行動も多い。間合いを広くとって五分っぽい読み合いはあまりしない。ストリートファイター全く知らないけどプレイの意図が分かる気がする。

ももちさんやときどさんは五分な状態から技を当てるのが上手いように見えます。五分というよりは近い間合いの読み合い。圧力をしっかりかけている。そういう違うプレイスタイルなだけで終わりだと思うんですけどね。長所に優劣はないので。優先順位1位は勝ち負けでないと歪む気がする。ちょっと動画勢を発揮してしまった…  



全体通してはとても面白かったです。なんとプロゲーマーの映画ができるとは。海外大会の熱気も伝わる映像でした。5月11日までは確実にやってるらしいので興味ある方は是非。